どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所 » 小陰唇縮小手術後の性交渉について

小陰唇縮小手術後の性交渉について

小陰唇縮小に関する手術を行った場合、手術後はいつから性交渉ができるのでしょうか。具体的な目安についてご紹介します。

小陰唇縮小手術をした場合、何日後から性交渉ができる?

多くの方が気になっているポイントのようですが、デリケートな問題ということもあり、医師に直接確認できない方も多いようです。そのため、クリニックに電話やメールで問い合わせをする方も多いのだとか…。 具体的な時期については個人差があります。傷口がどれくらいで治るのかは人それぞれの治癒力によっても異なるためです。

ただ、他の部位に比べると傷は早く治りやすい部位だといえるでしょう。その理由ともいえるのが、血量が豊富な場所だということ。血行不良になりやすい部位は傷口が治るまでに時間がかかってしまいますが、そういった心配もありません。

抜糸が不要な手術だった場合

小陰唇縮小手術には大きく分けると抜糸が必要なものと不要なものがあるのですが、このうち不要なものの方が早く治ります。そのため、手術後1週間もすれば性交渉をしても大丈夫なケースが多いでしょう。

ただし個人差はあるので自己判断はしない方が良いかもしれません。医師から直接注意などがなかった場合は2週間ほど見ればほとんど心配はいらなくなります。

抜糸が必要な手術だった場合

抜糸が必要な手術だった場合は抜糸なしのケースに比べて長い治癒期間が必要です。こちらの場合は1か月ほど様子を見た方が良いでしょう。医師によっては3週間経てば問題ないと考えるケースもあるようですが、できれば4週間…と考えておくのがおすすめです。

期間を守らなかった場合は?

もしも、男性から誘われて断りきれず、術後間もなく性交渉をした場合にはどうなるのでしょうか。 これは痛みが強く出てしまったり、下手をすると裂けてしまうような恐れもあります。 また、充血したり、完治までの期間が長くなってしまうこともあるのです。女性の中には彼氏や旦那さんに小陰唇縮小手術をすることを知らせずに手術する方もいるでしょう。

その場合、性交渉を断るうまい言い訳が思いつかず、流されてしまうこともあるかもしれません。 ですが、ご紹介した期間は最低限性交渉を避けておきましょう。できることならあらかじめ小陰唇縮小手術をすることを伝え、同意を得ておいた方が良いかもしれませんね。彼氏や旦那さんもしっかり理解してくれていれば無理に迫ってくるようなことはないでしょう。

できるだけ短期間で完治させるには?

性交渉ができる大きな目安ともいえるのが、傷口がしっかりふさがっているのか?ということです。実は、アフターケアによっても傷口の治り具合は変わってきます。アフターケアが適当だったりすると完治まで時間がかかってしまうこともあるので注意しておきましょう。 例えば、術後は圧迫が必要です。ガードルを使って圧迫を行いましょう。出血することもあるのでナプキンを使用します。

血行が良くなると腫れがひどくなり治りが遅くなってしまうことがあるので、お風呂はほとんどのクリニックでできることならばしばらくの間はシャワーのみで済ませるように言われるようです。どうしてもお風呂に入りたい場合も何日後から入って良いものなのかしっかり確認しておきましょう。

お風呂に入ることを許されたとしても熱い温度のお風呂に長時間入るのはおすすめできません。ほとんどのクリニックでは1週間程度はシャワーのみで済ませるようにし、抜糸が必要な場合は10日以上経ってから入浴が可能としているところが多いようです。 また、激しい運動は避けておきましょう。特に足を大きく開くような運動は絶対にやめておいてくださいね。

最低でも術後3日程度は運動を避けておいたほうが無難です。簡単なウォーキング程度なら問題ないかもしれませんが、その時にも大股で足を大きく開きすぎないように気を付けましょう。 医師によっては和式トイレもできれば避けておいた方が良いと考えるようです。 クリニックから処方された軟膏などは忘れずに塗りましょう。

自分の場合はいつから性交渉ができる?

小陰唇縮小手術といっても、具体的にどれくらい切るのかによって傷口がしっかり治るまでにかかる期間は変わってきます。そのため、恥ずかしいかもしれませんが手術を担当してくれた医師に直接確認してみるのがおすすめです。 この時に「いつから性交渉できますか?」と聞くのは恥ずかしいかもしれないので、「激しい運動はいつまで控えれば良いですか?」というように聞けば医師も察してくれるかもしれませんね。

また、クリニックの中には電話以外にメールで連絡ができるところもあるので、そこで直接聞いてみるのもおすすめです。 電話では聞きづらい内容でもメールならば気軽に聞ける方も多いのではないでしょうか。男性医師に話を聞きにくい…ということであれば女性の医師、もしくは女性の看護師さんの方に確認してみても良いのでしっかり疑問を解決したいですね。 こちらから特に聞かなくても医師の方から説明してくれるケースも多いです。

 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド