どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所 » 悩みを解決できる女性器形成手術あれこれ

悩みを解決できる女性器形成手術あれこれ

小陰唇のほか、大陰唇、膣、クリトリス、処女膜のことなど、女性器の悩みは尽きません。形成手術ができる女性器の手術の種類について紹介します。

女性器の形成手術いろいろ

大陰唇縮小手術

小陰唇の外側にあるのが大陰唇です。小陰唇と同じように、その大きさや黒ずみで悩んでいる方が多くいます。肥大した箇所や黒ずんだ部分を切開して正常な状態に整える手術が大陰唇縮小手術です。比較的簡単な手術で、キレイになるので、悩んでいる方は一度相談してみると良いでしょう。


膣縮小手術

出産などによって広がってしまった膣をもとのサイズに戻す手術が膣縮小手術です。方法としては主に2つあります。大きくなってしまった部分を縫い合わせて小さくする方法と、膣の入り口にヒアルロン酸を注入することにより膣口を狭くする方法です。

また、クリニックによっては、膣口だけでなく、関係する肛門側の筋肉のケアまですることで、膣の奥深くまで縮小効果の得られる施術を行うところもあります。


クリトリス包茎手術

クリトリスとは、女性器の前方付近にある陰核のことです。クリトリスを過剰に包皮している状態の場合、汚れがたまりやすく、臭いや炎症を引き起こす可能性が高くなります。クリトリス包茎手術は、包皮している部分を切除し、適度にクリトリスを露出させていきます。

また、この状態は、小陰唇の肥大を伴っている場合も多く、クリトリス包茎手術と小陰唇縮小手術を同時に行うこともあります。


処女膜再生手術

処女膜とは、膣の入口にある粘膜のヒダのことです。初めて性行為によりこの膜は損傷してしまうと言われていますが、この粘膜は非常に脆弱で、激しい運動や刺激などで損傷してしまうこともあります。損傷しても、この粘膜がなくなることはなく、膣内に残っているため、それを縫い合わせて再生することが可能です。

処女膜再生をすることで、手術後、初めての性行為で出血と痛みを伴う、処女体験ができます。


このように、女性器のさまざまな悩みを解決できる形成手術があります。

中には、小陰唇縮小手術と同時にできる手術もあるので、悩みなどがあれば、カウンセリングの機会にすべて相談することをオススメします。

 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド