どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所 » 悩みを解決できる女性器形成手術あれこれ

悩みを解決できる女性器形成手術あれこれ

小陰唇のほか、大陰唇、膣、クリトリス、処女膜のことなど、女性器の悩みは尽きません。形成手術ができる女性器の手術の種類について紹介します。

女性器の形成手術いろいろ

大陰唇縮小手術

小陰唇の外側にあるのが大陰唇です。小陰唇と同じように、その大きさや黒ずみで悩んでいる方が多くいます。肥大した箇所や黒ずんだ部分を切開して正常な状態に整える手術が大陰唇縮小手術です。比較的簡単な手術で、キレイになるので、悩んでいる方は一度相談してみると良いでしょう。


膣縮小手術

出産などによって広がってしまった膣をもとのサイズに戻す手術が膣縮小手術です。方法としては主に2つあります。大きくなってしまった部分を縫い合わせて小さくする方法と、膣の入り口にヒアルロン酸を注入することにより膣口を狭くする方法です。

また、クリニックによっては、膣口だけでなく、関係する肛門側の筋肉のケアまですることで、膣の奥深くまで縮小効果の得られる施術を行うところもあります。


クリトリス包茎手術

クリトリスとは、女性器の前方付近にある陰核のことです。クリトリスを過剰に包皮している状態の場合、汚れがたまりやすく、臭いや炎症を引き起こす可能性が高くなります。クリトリス包茎手術は、包皮している部分を切除し、適度にクリトリスを露出させていきます。

また、この状態は、小陰唇の肥大を伴っている場合も多く、クリトリス包茎手術と小陰唇縮小手術を同時に行うこともあります。


処女膜再生手術

処女膜とは、膣の入口にある粘膜のヒダのことです。初めて性行為によりこの膜は損傷してしまうと言われていますが、この粘膜は非常に脆弱で、激しい運動や刺激などで損傷してしまうこともあります。損傷しても、この粘膜がなくなることはなく、膣内に残っているため、それを縫い合わせて再生することが可能です。

処女膜再生をすることで、手術後、初めての性行為で出血と痛みを伴う、処女体験ができます。


副皮除去

副皮(ふくひ)とは、陰核の外側、小陰唇と大陰唇の間に存在している皮膚のことで、ひだ状になっています。人によっては副皮自体がほとんどない方も珍しくありません。また、片側だけにあったり、形状は実に様々。中には2重・3重ある方もいて、かなり副皮が余っている場合、クリトリス周辺が大きく見えてしまいます。

気を付けておきたいのが、小陰唇と区別が付きにくいということ。そのため、実際は副皮である部分を小陰唇と勘違いしている方もいるようです。

副皮自体があったとしても何の問題もありません。大きかったり、3重になっていたとしても特に病気ではありませんし、心配する必要はないのです。あくまで個人差のようなものだと思っておきましょう。

しかし、デリケートゾーンから発生する原因不明のニオイに悩んでいるのであれば、副皮のひだ部分に垢などの汚れが溜まって嫌なニオイを発生させている可能性もあるのです。

当然ながら衛生的な状態とはいえません。きちんとキレイな状態を維持できるのであれば良いのですが、副皮が原因でトラブルが起きている場合は、思い切って切除することを検討してみてはどうでしょうか。

また、炎症を起こすこともあるため、こういったトラブルを解消するために副皮切除といった選択肢も用意されています。また、見た目で左右のバランスが悪いといった理由で手術に踏み切る方も少なくありません。

それから、小陰唇が大きい人は高確率で副皮も発達しているため、小陰唇切除だけを行った場合には副皮が異様に目立つような状態になることも。そのような場合は、副皮除去も一緒に行ったほうがバランスが良くなります。

手術内容詳細

実際に副皮切除をする場合、施術内容はどのようになっているのか気になりますよね。

まずはカウンセリングです。一人ひとりの悩みをよく聞いてくれるところを選択しましょう。本当に副皮除去が必要なのか、どのような変化が期待できるのかなどもカウンセリングで確認しておくと良いですね。

基本的に施術時間はそれほど長いものではなく、30分程度となります。他に小陰唇切除やクリトリス包茎なども行う場合、45分程の時間がかかることもありますが、このあたりは事前に確認しておきましょう。

麻酔をするので、手術中の痛みも気になりません。一般的には施術の翌日からシャワーも可能となっています。

抜糸については、クリニックによって対応が異なるので事前に確認しておくと安心です。例えば、抜糸の必要がない体に吸収される糸を使うケースが多いのですが、本人の希望があれば抜糸可能としているところもあります。

施術後は傷口が硬くなることもありますが、一般的には3~6ヶ月ほどかけて徐々にやわらかく落ち着いた状態になるので、慌てる必要はありません。

血流が多い場所ということもあり、傷口が残る心配はなく、早い段階で気にならなくなります。

副皮除去の注意点

施術時間は30分程度で翌日からシャワーが可能ということもあり、大掛かりな手術ではないように思うかもしれません。しかし、女性器を手術したわけなので、その後の生活には十分な注意が必要です。

例えば、運動については術後2週間ほど控えたほうが安全とされていますし、性交も1ヶ月は控えましょう。うっかりやってしまいがちなミスが、自転車に乗るということです。サドルからの衝撃が傷口に影響してしまう可能性もあるので、こちらも術後1ヶ月は避けておいたほうが無難でしょう。

保険について

完全に自費診療という形になるため、健康保険は適用されません。そのため、費用については事前に良く確認しておいたほうが良いですね。副皮が大きなコンプレックスに繋がる可能性もあるため、そういった場合も切除を検討してみると良いですね。


このように、女性器のさまざまな悩みを解決できる形成手術があります。

中には、小陰唇縮小手術と同時にできる手術もあるので、悩みなどがあれば、カウンセリングの機会にすべて相談することをオススメします。

 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド