どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所 » 小陰唇縮小手術における再発の可能性は?

小陰唇縮小手術における再発の可能性は?

小陰唇縮小手術について

小陰唇とは、女性器の大陰唇の内側にある左右が一対となったヒダのことを指し、小陰唇の肥大や色素沈着によって黒ずんだ小陰唇を切除し、縫い縮める手術のことを小陰唇縮小手術と言います。女性器の形成手術の中で最も需要のある手術と言われています。

 

小陰唇縮小手術を受ける理由

小陰唇縮小手術を受ける理由はさまざまですが、代表的な理由をご紹介します。

 

〇大きさが気になる

小陰唇は、もともと個人差の大きい部分ではありますが、足を閉じた状態で小陰唇が垂れ下がってはみ出ているなど、小陰唇の大きさが理由で手術を決意する人が多いようです。大きさが気になって性生活に消極的になることも少なくありません。

 

〇色が気になる

小陰唇の黒ずみの原因には、摩擦による色素沈着や、ホルモンバランスの乱れ、加齢や乾燥などが挙げられます。しかし男性の中には、色が濃いことによって「経験人数が多いのではないか?」などのイメージを持っている人もいます。なかなか防ぐことが難しい症状ですが、小陰唇縮小手術によって色素沈着部分の切除をすることができます。

 

〇痛みを感じる

小陰唇の肥大により、ショーツなどの摩擦や圧迫で痛みを感じる人もいます。放置することで炎症を起こしてしまうこともあることから手術を受ける人もいるようです。

 

〇臭いが気になる

肥大した小陰唇に、分泌物などのカスがたまり臭いを発生することがあります。それを解消するために、肥大した小陰唇を切除し、形を整える小陰唇縮小手術を行います。

 

〇パートナーの何気ない一言

今まで気になったことのない人でも、性交渉の際にパートナーから言われた何気ない一言で手術を決意することもあります。他の人と比べられたり、色や形にこだわりが強かったりと理由はさまざまです。

 

小陰唇縮小手術のメリット

小陰唇縮小手術を受けるメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

 

〇コンプレックスの解消

小陰唇縮小手術を受けるうえで最も重要なのは、小陰唇に対してのコンプレックスを解消できるかどうかではないでしょうか。手術によって自分の希望する大きさに縮小することができ、縮小した小陰唇には汚れが付きにくくなるため、大きさや臭いによるコンプレックスの解消が望めます。また、左右のサイズの違いに悩んでいる場合、左右対称にすることで見た目もきれいになり、自信が持てるようになるかもしれません。

 

〇生活が快適になる

ショーツなどによる圧迫感や、自転車などの乗り物による摩擦の痛みなどが小陰唇縮小手術によって解消されることで、痛みのストレスから解放され、生活が快適なものになります。また小陰唇の肥大によって、尿の飛び散りを不快に感じていた人も手術後は解消されます。

 

〇パートナーの反応が良い

性行為の際に、形や色がきれいだと、それだけで男性の反応はよくなるものです。パートナーとの性生活を良好にするための手段のひとつという考えもあります。

 

 

小陰唇縮小手術のデメリット

小陰唇縮小手術のデメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

 

〇痛みと腫れ

小陰唇縮小手術は比較的短時間で終わる手術ですが、切除や縫合を行うので痛みや腫れをともないます。手術中は麻酔が効いているので痛みはないですが、麻酔の注射の痛みと、術後の麻酔が切れた後に痛みを感じます。また、締め付けの強い下着などの着用により患部に圧がかかり痛むこともあります。

 

〇出血

術後~1週間程度は軽い出血があります。異常な量でなければ問題はないですが、ナプキンなどを付ける必要があるため、億劫に感じる人もいるかもしれません。

 

〇手術当日は安静が必要

局部とはいえ、麻酔を使用するため手術当日は安静が必要とされています。また、出血の可能性もあることから、術後24時間は安静にする方が良いでしょう。そのため、手術当日に予定は入れず、術後は自宅で安静にしましょう。

 

〇性交渉に期限の縛りがある

クリニックや施術方法によっても異なりますが、術後24週間程度は性交渉を控えた方がよいと言われています。安静期間中に無理に性交渉をしてしまうと、腫れや痛みが強くでて、場合によっては裂けてしまうこともあります。パートナーに小陰唇縮小手術のことを知らせずに手術する人は特に注意が必要です。

 

小陰唇縮小手術の失敗例

小陰唇縮小手術の結果、満足に至らなかった事例をご紹介します。

 

〇イメージと違う

希望する大きさとの相違、左右差などに対する不満が挙げられます。手術前にはしっかりとカウンセリングを行いますが、担当医との意思の疎通が図れていない場合などに起こりやすい失敗例です。イメージよりも大きい場合には再手術が可能ですが、小さくなりすぎてしまった場合は修正が困難と言われています。

 

〇傷跡が残っている

小陰唇を切除後は、傷口を縫合しますが、その縫合の仕方などにより傷口がボコボコとしたまま癒着してしまうことがあります。それが傷跡となって残ってしまうこともあるようです。

 

〇出血が長引いた

小陰唇縮小手術後にすぐ性行為に及んでしまうなど、安静期間中に患部を刺激することによって出血や痛みが長引いたという意見もあります。

 

小陰唇縮小手術の再発の可能性

小陰唇縮小手術は、小陰唇の切除・縫合による手術のため、術後に再度肥大することはありません。しかし、色素沈着においては、ホルモンバランスの乱れや摩擦などが原因で起こるので、残った小陰唇の大きさによっては気になる部分がでてくることもあるようです。

 

クリニックの選び方

デリケート部分の手術になるため、クリニック選びが重要になります。大阪で小陰唇縮小手術を考えている人に、信頼できるクリニックを見つけるためのチェックポイントをご紹介します。

 

〇担当医の経験が豊富である

需要のある手術といっても、医師の手術経験が十分な方が、手術を受ける側としては安心感があります。ホームページで調べたり、カウンセリング時に直接確認したりすると良いでしょう。

 

〇明確な費用の表記や説明がある

小陰唇縮小手術の費用は保険適用外の完全自己負担となります。麻酔や薬の費用など細かな部分の明記があるなど、後から法外な金額を請求されないためにも事前に確認しておく必要がありそうです。

 

〇カウンセリングの重要性

小陰唇縮小手術はデリケートな問題で、コンプレックスを強く抱えている人が多い部分です。そんな悩みを解消するために、最善を尽くしてくれるようなカウンセリングをしてくれるクリニックには自然と信頼性が高くなることでしょう。術後、満足のいく結果を得られるようにするためにも、カウンセリングはとても重要と考えられます。

 

〇デメリットの説明がある

メリットばかりではなく、術後の副作用や合併症の危険性など、デメリットについてもしっかり説明してくれる医院の方が安心できるという意見もあります。

 

〇アフターケアの有無

術後、合併症などを引き起こさないためにもアフターケアのしっかりしたクリニックを選ぶと良いでしょう。小陰唇縮小手術は日帰り手術でお手軽感があり、吸収される糸を使っての縫合の場合は、抜糸の必要もなく術後の通院がいらないというクリニックも少なくありません。しかし、吸収される糸の場合、糸が溶けて吸収されるまでに長い時間がかかり、その締め付けによって小陰唇に縫合跡が残ってしまうこともあります。不安なことがあれば診察してくれるなど、アフターケアがしっかりしていることもクリニック選びのポイントといえます。

 

 

女性器について悩みを持っている人は多いと思いますが、小陰唇縮小手術は最も需要のある女性器の手術です。合併症も少なく、再発の可能性も低いことから満足度の高い手術と言えます。コンプレックスを解消し、毎日の生活が快適になるようお手伝いをしてくれるクリニックを見つけることが重要となりそうです。

 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド