どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所 » 小陰唇縮小手術とは?

小陰唇縮小手術とは?

小陰唇縮小手術で解決できる悩みや、施術の流れ、アフターケアなどを解説します。

小陰唇縮小手術で解決できる悩み

小陰唇が大きすぎるのではないか

左右の大きさが違う

色が黒く気になる

上記のような、悩みを解決することができます。人には相談しずらい悩みですが、悩んでいる方は非常に多く、小陰唇縮小手術を行った方も多いのです。

小陰唇縮小手術を行うと、小陰唇を適正な大きさに、形よく整えることが可能です。黒い部分の切除や、黒ずみの原因になる部分も切除できるため、色で悩んでいる方にも良いでしょう。

小陰唇は、傷が治りやすい場所でもあるため、手術後の傷跡も残りにくいのが特長です。なにより、今までの悩みが解決でき、生活に前向きになれるのが嬉しいですね。

小陰唇縮小手術を行う前には、必ず、カウンセリングがありますので、小陰唇でお悩みの方は、思い切ってカウンセリングだけでも受けてみることをオススメします。

小陰唇縮小手術の流れ

一般的な小陰唇縮小手術の流れを紹介します。

大体の流れと、カウンセリングから完治するまでの期間を知っておくことで安心できますね。


予約

小陰唇縮小手術を取り扱っているクリニックを選んで、まずはカウンセリングの予約をしましょう。
女性器だからと、婦人科に相談する方もいますが、小陰唇縮小手術は形成外科や美容外科の範囲です。デリケートな診療の多いため、完全予約制になっているクリニックも多く、また、スムーズにカウンセリングを受けるため、必ず事前に問い合わせて予約をしましょう。


カウンセリング・診察

現在の状況や悩みなどを恥ずかしがらずにすべて伝えましょう。同じ悩みを持つ方が大勢相談していますので、安心してください。

相談の結果、自分の小陰唇は異常ではないという結果が出るかもしれませんし、手術によって悩みが解決するかもしれません。プロと相談することで、良い方法を導き出していきましょう。

クリニックによっては、この時点で、事前に、感染症の検査などを行うところもあります。


施術

小陰唇の部分に局所麻酔をする麻酔方法が一般的です。

事前にどの部分を切除するのか、どのように縫合するのかを決めた後、実際に施術していきます。施術自体は、30分から1時間程度です。局所麻酔をしているため、手術中の痛みはほとんどないので安心してください。

施術後は、しばらくクリニック内で様子を見て、そのまま帰宅できます。


ダウンタイム・アフターケア

施術当日に帰宅できますが、麻酔が切れると痛みが出てくるため、どこにも寄らず、まっすぐ家に帰って安静にしましょう。
一般的に、施術の翌日からシャワーは可能です。施術後は、患部を圧迫するガーゼなどを装着しますが、日常生活であれば問題なく過ごせます。また、消毒剤や抗生剤などが処方され、しばらくは自分でケアも必要です。

生活については、軽い運動は大体1週間後からになります。激しい運動であれば、1ヶ月程度期間をみましょう。性行為も1か月後が目安です。このくらいになると、傷口自体もほとんどわからなくなります。

施術後は、1~数回、クリニックに通院し、術後の経過を見ながら、自分の生活スタイルに合わせて、徐々に日常生活に戻していきましょう。
溶ける糸を使用している場合は、抜糸の必要はありません。


このように、施術自体は非常に簡単なもので、短い時間で済んでしまいます。傷口もほとんど残らないので、小陰唇で悩んでいる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド