どこで受ける?大阪で小陰唇縮小手術ができるクリニック比較

HOME » 私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所

私のアソコは変なの?女性器の悩み相談所

女性器の悩みは人には言えない、深刻な悩み。

実際に、日常生活などに支障をきたしている場合もありますし、パートナーに指摘をされてショックを受けたり、男性との関係に積極的になれなかったりと、毎日の生活や気持ちにも前向きになれません。

実は、女性器に悩む方は、意外に多いのですよ。
美容・形成外科で、女性器の悩みに対応した施術が確立されていることからも、実際に悩んで相談や施術を受ける女性がたくさんいるということがわかりますね。

女性器の中でも、特に、小陰唇の肥大や黒ずみに悩んでいる方が多いようです。

ここでは、まず、小陰唇の悩みについて紹介していきます。
小陰唇縮小手術とはどういうものか、どういったメリットがあるのか、をはじめ、そもそも、小陰唇の肥大とはどのくらいを言うのか、小陰唇が肥大するとどんなことが起きるのかなどを解説していきます。

また、そのほかの女性器である、大陰唇、クリトリス、膣の悩みについても、それを解決する手術について紹介していきます。

また、この女性器の悩みを解決するためには、良いクリニックに出会うことが一番重要です。どのようなポイントでクリニックを選んでいけば良いのか、見極め方についても紹介していきます。

それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

小陰唇縮小手術とは?

個人差による変化が大きく、形や大きさが気になってしまう小陰唇。特に、見た目が気になりすぎると、それが悩みやコンプレックスとなり、銭湯に行くことや性行為などに苦手意識を持ってしまうことがあります。そこで、コンプレックスを解消できる小陰唇縮小手術が注目されています。

小陰唇縮小手術とは、大きく目立っている小陰唇を切り取る手術です。見た目を良くするだけでなく、下着との擦れを解消し、汚れがたまることや感染症などの予防にも繋がる、女性なら知っておきたい手術なのです。

小陰唇縮小手術について詳しくみる

大きさはどこからが異常なの?

小陰唇縮小手術は、一般的な小陰唇よりも大きいため行われる手術のことです。ただし、小陰唇の大きさには個人差がある部分です。およそ2cmを超えると肥大とみなされることが多いです。鏡の前で普通に立った状態でも目立つ場合も、肥大していると考えても良いでしょう。

ただ、大きいからといって何かあるわけではありません。デメリットはあるものの、異常であるとはいい難いため、必ずしも手術が必要ではないそうです。

小陰唇の大きさについて詳しくみる

悩みを解決できる女性器形成手術あれこれ

女性らしさの象徴でもある女性器だからこそ、さまざまな悩みが集まる部分でもあります。そのため、小陰唇縮小手術だけでなく、いくつもの女性器形成手術が設けられています。例えば、小陰唇と同じように大陰唇の縮小手術やクリトリス包茎手術、膣縮小手術などがあります。

大陰唇縮小手術などは見た目が関係していますが、クリトリス包茎手術や膣縮小手術などは、性交時の自分や相手の快感が気になって手術を受ける女性が多いです。

女性器形成手術について詳しくみる

失敗しないクリニックの選び方

小陰唇縮小手術は美容整形外科で、対応しているクリニックであればどこでも受けることができるでしょう。しかし、手術の技術や対応、アフターケアなどはクリニックによって差があり、適当にクリニックを選んだがために合併症や傷跡に悩まされている女性もいます。

そこで、安全に手術を受けるためにも、信頼できるクリニックの選び方を身に着けましょう。手術を成功させるには、クリニック選びが大半を占めていると言っても過言ではありませんよ。

失敗しないクリニックの選び方について詳しくみる

大阪の女性器形成手術の費用相場を紹介!分割支払いはできる?

女性器形成手術は悩みを解消できる重要な方法ですが、気になるのがその費用です。現実的に手術を受けるか考えるためには避けては通れないポイントですよね。ただ、一定の基準があるわけではなく、地域などによって費用の幅があるので、大阪を例として費用相場を見ていきましょう。

また、費用相場を知っておくことで、費用が安すぎるクリニックを見極めることもできます。費用が安いと魅力的に感じますが、安すぎる場合は必要な手順などを省略しており、手術に危険が伴う場合もあります。相場からかけ離れすぎないところを選ぶことも、重要なポイントですよ。

大阪の女性器形成手術の費用相場を詳しくみる

小陰唇肥大の原因とは?専門医に相談して治療しよう

悩みのタネとなる小陰唇の肥大。個人差で片付けてしまうのは簡単ですが、どうして肥大してしまうのでしょうか?大きな理由として挙げられるのは、生まれつき肥大していることです。生まれつきの場合は予防も難しいため、諦めざるを得ない理由かもしれません。

他には、老化やホルモンバランスの乱れが原因となり肥大してしまうことがあります。特に、皮膚炎等によって誘発されることもありますので、状態によっては専門に相談し適切な治療を受けましょう。

小陰唇肥大の原因について詳しくみる

小陰唇縮小手術後の性交渉について

小陰唇縮小手術を行うことで、形がよりキレイになります。すると、今までは億劫に感じていた性交渉にも積極的になれます。ただ、手術ではメスを入れて切り取ったり、縫合したりします。そのため、すぐには性交渉はできません。

性交渉ができるのは、術後2~4週間程度経過してからが多いです。手術内容にもよりますので、担当の医師に確認して無理に行わないように気をつけましょう。

小陰唇縮小手術後の性交渉について詳しくみる

大阪で受けられる小陰唇縮小の無料カウンセリングとその流れをご紹介

小陰唇縮小手術の前には、ほとんどのクリニックで無料カウンセリングが受けられます。ここでは、手術を受けるかどうかの最終ジャッジができるタイミングです。あらかじめカウンセリングの内容や流れを知っておくことで、前もって質問などを考えられるため、より安心して手術に臨めますよ。

小陰唇縮小手術の無料カウンセリングについて詳しくみる

小陰唇縮小手術における再発の可能性は?

小陰唇縮小手術で気になるポイントが再発の可能性です。実は、縮小手術は肥大した部分を切り取ってしまうため、再発する可能性はほぼないといわれています。ただ、色素沈着などは下着との摩擦などで起きるため再発する可能性がありますので注意しておきましょう。

小陰唇縮小手術後の再発の可能性について詳しくみる

 
 
大阪ならココ!小陰唇縮小手術で頼れるクリニックガイド